■twitter■

小野歯科クリニックtwitter
インプラント関連twitter
院長 小野兼義twitter

■CALENDAR■
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<< 前月 2007年05月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■OTHER■
■COUNTER■
TOTAL 
本日 

NOBEL BIOCARE JAPAN主催のPartyがありました。in LasVegas

party会場の様子です。


bingo大会がありました。


豪華景品がありましたが、残念ながら当たりませんでした。


明日Speakerとして発言される堀内先生とMy family。
堀内先生はとても素晴らしいOral surgeonです。
インプラントとの向き合い方に関しても、何が本当にpatientにとって良いのか、妥協がない方です。
洞察が鋭い、頭が良いだけでなく、外科手術の腕が立ちます。
インプラント外科に関しての世界的な第一人者であると思います。
またあとでまとめようと思いますが、今回のWorld ConferenceはNBのプロモーション色が強いものと感じました。
これはある意味しょうがないことであるのは認識できますが、Guided surgery、Immediate functionを多数症例手がけている当方で発言したいことは、あまりEasy goingなプロモーションはいかがなものかと感じることがありました。
私は、いかにインプラントの成功率を高め、Patientにとってより素晴らしいものにしていくかという取り組みの一環として遠方ではありますがここLasVegasまで来ています。
このように堀内先生、他の先生方とのディスカッションの中に真のソリューションがあるように感じます。


昨年ポルトガルのDr.MaloのAll-0n-4,immediate function courseでご一緒させていただいた西村先生、田中先生ご夫妻と。先生方とはMalo同窓生で、半年振りでしたがとてもなつかしかったです。田中先生は関西方面でサイナス・リフトの研究会を立ち上げたそうです。


樋口先生、堀内先生にもご一緒していただきました。

とても楽しかったですよ。

| インプラント | 11:06 PM | comments (0) | trackback (x) |
航空機から眺めたLasVegas周囲の様子

ラスベガスの周囲は砂漠です。
デス・バレーとかソルト・レイク・フラットなどが比較的近くに存在します。


砂漠は降雨量が少ないです。
よっていつも晴れています。
晴れているので日中は上昇気流がきついです。
それも山があるとそこには強い上昇気流が発生します。
パラ・グライダー、モーター・パラ・グライダー、グライダーに興味がある方では常識のことです。
LASに入るまで結構揺れました。
この山がRed Rock Mountainなのか?


真中に黒っぽく、十文字に見えるのが今回の世界会議会場のMGM GRAND HOTELです。
北米大陸にやってきたのは、約20年近く前、現在の日本歯科大学生命歯学部補綴学教室第一講座教授小出馨先生とLingualized Occlusionの学会発表のためにIADR国際歯科学会で訪れたカナダ、モントリオール以来です。


これから着陸するLASの様子です。

| 院長日記 | 07:40 PM | comments (0) | trackback (x) |
インプラント世界会議に向かう途中、LAXで樋口先生(福島県)にお会いしました
何とロサンゼルス国際空港(LAX)で樋口先生と会いました。
彼とは同じ医局出身で、医局時代からお付き合いがあり、ODCにおいても非常勤で長らく勤務いただいた戦友のような先生です。
お互い多くを知った上で互いにリスペクトしあえる理想的な関係であります。
サイナスリフト等もこなす素晴らしいインプラントロジストです。
World conferenceに出席されるのは知っていましたが、まさか同じ航空機でラスベガスに向かうとは思いませんでした。
私は新潟→(新幹線)成田(NRT)→ロサンゼルス国際空港(LAX)→ラスベガス(LAS)でしたが、
彼はNRT→仁川(韓国)→LAX→LASと30時間近い時間がかかっているとのことでした。
お疲れ様でした。



LAXの中です。チェックイン担当の方が手際が悪く、3時間以上あったのに何もできなかった。
がっくりです。


やっとLasVegasに着きました。

樋口先生、お疲れ様でした。

| 院長日記 | 06:58 PM | comments (0) | trackback (x) |
メイン・プログラム初日内容:Nobel Guideを用いたImmediate Function(即時機能)
やはり最近のトピックはCTスキャンニングに基づくコンピュータ・ベースの診断機器であるNobelGuideを用いたImmediate function(即時機能;インプラント埋入時に即時に機能させる)でした。


ODCではすでに昨年よりこの先駆的なNobel Guideを導入しております。
CTスキャンニングを用いて、安全な治療を行います。
それまではやはりCTスキャンニングに基づくSimplantというソフトを用いて解析しておりました。

会場には意見を出せる無線の機器を持って入ります。
Immediate functionについて①知らない、から ⑥75%から99%の症例に即時機能を行っている。 ⑦100%即時機能で行っているあアンケート調査がありました。⑥、⑦ともに1%だけでした。私は⑥にVote(投票)したわけですが、ここでまた、ODCで行っているインプラント治療の先進性を確認でき、またその方向性はたぶん一般よりだいぶ先んじているものと確信しました。

| インプラント | 12:30 PM | comments (320) | trackback (x) |
World Conference 2007 メイン・プログラムが開始されました。
ボクシングの世界タイトル戦などが開催されるアリーナで、メインプログラムが開催されました。
冒頭にはオッセオ・インテグレーテッド・インプラントの生みの親であるP.I..Branemark教授から、“全世界のスペシャリストがチームになって、Patientのためにがんばりましょう。世界中から、ここLasVegasに集まっている皆さん歯科医師、Specialistは、Patientを代表しているのです。”という旨のお話があり、腫瘍により顔面の多くの部分を失ったPatientの顎顔面補綴症例にBranemark implantを応用した報告がありました。スウェーデン、イエテボリよりP.I..Branemark教授に講演いただきました。

P.I.Branemark先生の画像の下、SWEDENのEの字のところに小さく棒のように見えるのが、Nobel Biocare CEO Ms.Heliane Canepaさんです。
会場の大きさがわかります。

| インプラント | 11:21 AM | comments (314) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑