■twitter■

小野歯科クリニックtwitter
インプラント関連twitter
院長 小野兼義twitter

■CALENDAR■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
<< 前月 2007年04月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■OTHER■
■COUNTER■
TOTAL 
本日 
 

小児(2歳児)の虫歯治療の診療基準について
ある保護者の方からMailでご相談をいただきました。

“2才の子が虫歯になり、歯医者さんに行きました。
引っ越した関係で今回は初めての歯科医へ。
そうしたら前の先生と言うことが違うのです。
進行止めを塗り様子を見ましょうと言う先生と、削って詰めてちゃんと治療をしましょうと言う先生。
どちらが正しいのかどちらにすればいいのか迷っています。
何を判断基準にすればいいのでしょうか?”


四葉一般的に、小児の歯科治療適応期は3歳ころからと考えられます。
つまり、お話をして、歯科治療というお子さんにとっては嫌なことを頑張ってもらうわけです。このレベルにいたるのは3歳ころからと考えられるわけです。

チューリップですから、比較的小さい虫歯であれば、まずこれからさらに新しい虫歯が発生したりしないように主に歯科衛生士により歯磨きの指導をしたり、練習をしていただいたうえで、虫歯の進行を抑制する働きのあるフッ素の塗布等を行います。最近はぶどうジュース(お子様に言わせると、ファンタグレープのような味と好評です)のような味のするものもありますので比較的年齢の小さいお子様でもあまり泣いたりしないで出来るかと思います。つまり虫歯の初期では3歳になるまで削ったり、つめたりはしなくてよろしいケースが多いと思います。

花しかしながら比較的大きくなった虫歯の場合は異なります。
歯の中には歯髄とよばれる神経が入っている場所があります。深い虫歯は神経に影響を与え、とても痛がるようになりますあうっ。こうなってしまうと十分な食物摂取が出来なくなりますので速やかに処置に入らなければなりません。3歳以下の小さなお子様の場合は、お話をしても状況を理解してもらい、治療に協力していただけないことも多いですので、レストレーナーという抑制器具、小さな小児用ベッドに体が動かないようにネットをかぶせた上で治療を行うこともあります。局所麻酔を行いますので、処置中のお痛みは基本的にはありませんが、小児は恐がって泣いてしまうのでしくしくお母様は少々心が痛むかもしれません。しかし、処置は必要ですのでご理解してください。

また、さらに虫歯が進行してしまうと、歯髄(神経)に炎症が起こり夜も眠れないほどの痛みきゅーが発生してしまいます。麻酔をした上で、神経の除去、消毒が必要となります。こうなる前に治療が必要であるといえます。

また虫歯がさらに進行すると、神経が壊死してしまい一旦痛みは治まってしまいますぽっ。治ったのかと考えると大間違いで、顎の骨の中に膿がたまってしまう状態になります。顎が腫れたり、細菌が血液を介して全身に広がったりすることもありますのでとても状況的には悪くなってしまいますはうー。顎にたまった膿で永久歯(大人の歯)にも悪影響が出るようになります。必要に応じて抗生物質の内服等をしながら歯の内部から消毒を続けることになると思いますぎょーん

担当をされた先生方の意見が異なったように感じられたのは、お子様の虫歯が進行してきているのかもしれません。担当の先生に率直にご質問されるのが一番よろしいかと思います。その上でご納得いかない場合はセカンドオピニオン(他の先生の意見)をお聞きになられるのもいいかもしれません。
ご心配かと思いますが歯科医師による専門的な診査・診断が必要な状況かと思いますので是非治療を継続なさってくださいにこっ

以下は2006年9月にインプラント(All-on-4、即時機能)の研修のため訪れたポルトガル・リスボンの画像です。

テージョ川の貴婦人と讃えられるベレンの塔。川からの侵入者を見張るリスボンの砦のひとつです。1519年にマヌエルⅠ世が設計させたマヌエル様式の代表的建物です。内部には4方に向けた大砲が配備され、3階は王族の居城になっていました。 




今では塔の中には穏やかな時間が流れます。


ベレンの塔からテージョ川を眺めてみました。


| 小児歯科 | 06:06 PM | comments (0) | trackback (x) |
新人歓迎会を行いました
新潟駅前のイタリアン・レストランで歓迎会を行いました。


まず院長小野兼義よりお話をさせていただきました。


小林先生より乾杯の発声をしていただきました。


さあ、これから楽しい会が始まります。


歯科衛生士の斉藤さんです。皆様どうぞよろしくお願いいたします。


歯科衛生士の加藤さんです。皆様どうぞよろしくお願いいたします。


再び歯科衛生士の斉藤さんです。


受付・医療事務担当の太田さんです。皆様どうぞよろしくお願いいたします。


勝沼先生よりお話をいただき、会をしめていただきました。


みんな楽しかったですか?


お疲れ様でした。右端が幹事を担当していただいた本間さんです。


幹事の米山さん、どうもお疲れ様でした。


| 医院の紹介 | 11:28 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑