■twitter■

小野歯科クリニックtwitter
インプラント関連twitter
院長 小野兼義twitter

■CALENDAR■
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<< 前月 2005年04月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■OTHER■
■COUNTER■
TOTAL 
本日 

GW中の診療日
ODCは、カレンダー通り診療させていただきます。
4月30日(土)
5月2日(月)
は通常通り診療いたします。
ほかは日曜・祝日等は休診させていただきます。
休診日につきましては、新潟県歯科医師会で行っております休日救急歯科診療センターがご利用いただけます。
ODC院長小野兼義はGW中新潟におりますのでこちらで手術を受けられたような方で何かご心配なことがありましたらお伝えさせていただいている連絡先までご連絡ください。対応させていただこうと思います。

| 医院の紹介 | 12:50 AM | comments (x) | trackback (x) |
データ消滅:DIET考え方
コンピュータのトラブルでCdriveが修復できない常態に至り、結果としていろいろな大事なデータが消滅した。たとえばDIETのデータ、血圧のデータ、歩行数のデータ、mailのログならびにアドレス等、ipodにODC受付塚田さんに入力してもらった300枚くらいのクリニックBGM用CDのデータ、等々。
当たり前のことであるが、バックアップの重要性を痛感させられた。
私の場合、はじめの1ヶ月で10kgr以上減量した。
方法は、総量規制である。
たとえば、糖尿病になったとする。糖尿病になれば、減量をしなくてはならない。摂取カロリーの目安は、
身長
180cmだと1800kcal/day
170cmだと1600kcal/day
160cmだと1400kcal/day
150cmだと1200kcal/day
です。

私は知識不足で、お酒を飲んでは、アルコールにはカロリーがあるので、減量はできないものと思い込んでいた。
日々けっこうHardな仕事をしているので、なかなか禁酒したくない、だからDIETなどできないものと考えていた。
ところが、親友のY君のご指導により、アルコールはそこそこ飲んでもいいことがわかった。

お酒は、そんなにカロリーがあるわけではない。
たとえば、カロリー計算する上で80kcalでくくって計算するわけです。
ご飯男茶碗1杯で3単位→80×3=240kcal
これはビール大瓶1本に相当する。
私は、ご飯1杯我慢してビール1本飲んだ方がいい。
食品交換の発想です。
赤ワイン1本7単位→80×7=560kcalです。
たとえば、ビール1本、赤ワイン1本飲んだとしても、10単位→80×10=800kacalでしかない。
あと、800kcal食べたらいいのです。

今までは知識がなかった、というより興味がなかった。
チーズひとかけら、5mm幅で80kcal:1単位なのです。
酒が悪いのではない。つまみが高カロリーなのです。

ただ、良質の蛋白、アミノ酸は必須です。
僕は、DHA等も摂れるお刺身を食べようと思いました。
あと、豆腐、納豆等もいいですよね。
カロリーを減らすためlow carboとすることにしました。
診療がある日は帰りが遅いため、どうせ子供たちと食卓を囲むことはできません。
平日は朝、昼はサラダのみです。
はじめはカロリー下げようと思いましたので、できるだけカロリーの少ないドレッシングを選びました。
同僚の小坂Drからカロリーの少ないドレッシングを教えてもらいました。

ここでご紹介させてください。
うまいサラダの食べ方があるんです。
フライスター社製フライドオニオン、これいけます。
あと、もっとお勧めなのは、キューピー・テイスティドレッシング・炒めにんにく;からし色のキャップのやつです。実はこれはどこにもあるわけではないです。ODC隣のダイエー新潟店様の地下食料品売り場にしかないのです。僕がODCのDr連にお話したところ、皆さんに共感していただきました。保障つきであります。
これをたとえばブロッコリーにかけて食べます。
ブロッコリーの茹で方にもこだわりがあります。
お湯でゆでたらだめなんです。
NHKがってんでやっていました。ビタミンCがお湯に溶けてしまうんです。電子レンジでやったらいいのです。一玉2~2.5分でいい状況になります。

ブロッコリー、日本、アメリカ、中国とかある。
日本:300円くらい、アメリカ100~150円くらい、中国100~130円くらいでしょうか。
なんとなく、最近の中国のデモだか、総領事館襲撃だかありましたが、面白くないので中国製は買いません。なんとなく化学物質とかも心配です。あくまで個人的感性の話です。アメリカ製が値段から見てもいいのではないでしょうか?あるいはDomesticも悪くない。ただどういうわけか、国産はつぼみが少々大きいのです。もしかしたら品種が違うのかもしれません。
これを、休みの日には5玉くらいいってしまいます。
カリウムが入るせいか、DIET開始後2wで血圧すら下降開始いたしました。

カロリー計算:必須。
毎日の体重測定(それも同一条件がいいです):必須です。
お勧めは、TANITAの体重計です。
体重計に乗るだけで、体重、脂肪率%、脂肪量kgr、筋肉量kgr、などが測定でき、USBメモリ経由でPCに簡単に移せ、エクセルのデータとして保存できるのみならず、専用ソフトでグラフィカルに見ることができる。
体重コンシャスになって一喜一憂しながら下げるわけです。

Diet1ヵ月後、横木君に会ってまた話しする機会があった。怒られた。やりすぎだと・・・。
減量するにも幅があり、通常Max1kgr/w=4kgr/mなんだそうです。いろいろ調べてみました。そのとおりだ。
そこで、ゆっくりと減量することにした。

今はゆっくりと下げています。

今日は金曜midnight通常土曜勉強会の準備があるのですが、一昨日新人DH、Dr連と飲んだのだが、今回はGW特例ということで勉強会中止です。

これから愛犬マリアンとお散歩です。

今日はつらつらと単に書き述べましたので、お見苦しい文章お許しください。

お勧め書籍:
佐藤万成(かずなり)著
遅老遅死のススメ
免疫力をつければ老化は防げる

今度ショート・コメント出します。
いい本です。

今日は佐藤先生と同じく芋焼酎飲みながらですからsmartな文章でなかったです。反省。




| DIET、健康管理 | 11:21 PM | comments (x) | trackback (x) |
ひとやすみ:今日の夕日2
今日の夕日です。きれいだったので撮影いたしました。


| 医院の紹介 | 12:31 AM | comments (x) | trackback (x) |
ひとやすみ:愛犬マリアンです。

今日、カットしてきました。
どうですか?Beautifulでしょ?


| 院長日記 | 12:11 AM | comments (x) | trackback (x) |
デジタル・レントゲンの優秀さについて:デンタルの被爆線量の少なさ
歯科では、硬組織、つまり歯、骨の状態を診察することが多く、レントゲン写真を多用します。
このたびのリニューアルに際して大きく変わったのは、レントゲン撮影システムです。フィンランドのプランメカ社製のデジタルレントゲンシステムを導入しました。
何がすばらしいかというと、圧倒的にX線被爆線量が少なくてすむということです。
やはり、X線を被爆すると、確率的に影響を受けることになるのでできるなら被爆せずにいたいものです。
実際に歯科で歯科用デンタルX線と呼ばれる35mm×25mmくらいの大きさのデンタルX-Pの撮影を行う場合、通常5秒弱のX線を被爆してしまいます。
私はその被爆がいやだったため、Kodak社製の超高感度のUltra SpeedというX線フィルムを使い、自動現像機で仕上げていました。それで0.5秒の爆射時間で撮影していました。通常の手現像のデンタルX-P撮影と比較して、1/10で撮影させていただいておりました。初めての開業以来17年間、このシステムで行ってきました。
それが、いまやデジタルレントゲンですと0.05秒の被爆で一番X線照射量が多くなる下顎大臼歯部の撮影が行えます。
なんとKodakのシステムと比較して1/10の照射量で、
通常の手現像と比較すると1/100の照射量でくっきりとしたX-Pイメージを得ることができました。
これはすごいことです。
通常の歯科で1枚X線写真を撮ることと、ODCで100枚撮ることが、健康に対する悪影響という点でイーブンなのです。
それだけではない。銀塩写真(以前のフィルムで撮るやつです)とデジタル写真を比較してみてください。銀塩写真はそのフィルムに対して撮影が終わるまで現像に出さず、現像があがってくるまで画像とは対面できません。デジカメは違う。撮ったその場で画像を見ることができる。デジタル・レントゲンも同じなのです。コーン・カット、各根の重なり、等々再度撮影する必要があることがあります。そのような場合でも、現在の位置から、ちゃんと撮影できる位置にほんの少し移動するだけで完全な画像を得ることができるようになります。
今までは35mmフィルムくらいの大きさの銀塩写真を見ながら、あーだのこーだのいっていた。いまや違う。15インチの液晶モニタ上にどんどん拡大して細かいところまで見える。僕は患者さんに公言している。歯の根の消毒の場合根っこのぴったり先まできちんと測られているのがいい治療なんですよ・と。これはきついです。どでかい画像が患者さんの目の前にさらされている。いやがおうでも、スキルアップしなくてはいけない状況になる。いやはや、きついですが、やりがいはありますよ、ベテランの私にとっても。
下記の画像は先週診療終了後に行われた東京GC社の大山氏によるデジタルレントゲンの講習会の様子です。



| 歯科治療のこといろいろ | 08:52 AM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑