■twitter■

小野歯科クリニックtwitter
インプラント関連twitter
院長 小野兼義twitter

■CALENDAR■
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<< 前月 2017年08月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■OTHER■
■COUNTER■
TOTAL 
本日 

インプラントの即時機能(Immediate function)とは
オッセオ・インテクレーテッド・インプラントの概念が始まって40年経った。
P.I.ブローネマルク教授がオッセオ・インテグレーションの概念を発見した。
ODCでは一貫してブローネマルク・インプラントの治療を行い、新しい治療法を研修し、新しい、正しい治療法を広く行うことに専念している。
即時機能とは、インプラント埋入と同時に歯をつけて、咀嚼、構音、発音、審美などの機能を即時に営ませるという新しい概念である。
これはとても素晴らしいことである。
手術を受けられた患者様も驚き、喜んでくれる。
もちろん全ての症例に即時機能が行われるわけではない。
インプラント埋入時の初期固定が得られないとインプラント体そのものがオッセオ・インテグレーションしなかったりする。
以前は、ブローネマルク・インプラントでは、インプラント埋入手術を行ってから上顎で6ヶ月、下顎で4ヶ月歯槽骨とインプラント体がしっかりと結合する(オッセオ・インテグレーション)のを待つのが普通であった。
ところが、近年ブローネマルク・インプラント・システムにも新しいインプラント体が出てきて、著明に初期固定がよくなった。
これにより、即時機能の概念が成立するようになって来た。
つまり、インプラント体そのものが違うということが言える。
特に即時機能をさせるために必要な初期固定が得られ易いインプラント体は、ブローネマルク・インプラント・システムMkⅢGroovy、ブローネマルク・インプラント・システムSpeedy Groovyである。
これを供給しているNobel Biocare Sweden本社からはこれらのほかにReplaceというタイプのインプラントもprovideされているが、これはあまり推奨できない。理由は、All-on-4、All-on-6などの際の傾斜埋入に適さないからである。
上記の推奨する2種類のブローネマルク・インプラント・システムのものは、確かに初期固定がしっかりと出る。
特にSpeedyは特筆するものがある。
これらのインプラントにより、即時機能は達成される。
即時機能が行われるためには、いろいろな文献により若干の差があるものの、概ね40Nプラスマイナス10Nの埋入時トルク値が推奨される。初期固定がしっかりと得られない場合は、即時機能は選択すべきでなく、従来から提唱されている骨内に埋入し、力がかからない状態に管理した上で、オッセオ・インテグレーションするのを待つ。



| インプラント | 02:14 AM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑