■twitter■

小野歯科クリニックtwitter
インプラント関連twitter
院長 小野兼義twitter

■CALENDAR■
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<< 前月 2017年04月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■OTHER■
■COUNTER■
TOTAL 
本日 

比較的侵襲の多いインプラント埋入前の付加的な外科手術
上顎洞底挙上手術(サイナス・リフト)、それもある程度容積の多い骨移植が要求されるものに関しては腸骨(腰骨です)より移植骨片を採取することになる。この場合、全身麻酔下で行うため、日本歯科大学新潟生命歯学部口腔外科に依頼してその部の手術を行う。
また歯槽骨の上に比較的大きな採取骨片を移植する際にも(アンレー・グラフト)同様に腸骨からの採取になることが多く、この場合も全身麻酔下で手術を行う。
また、下顎神経を頬側に移動させたり、オトガイ神経を下方に移動させたりする付加的な外科手術もあるが、個人的に神経を移動する手術は術後に麻痺を伴うことが多いのでODCでは基本的に推奨していません。



| インプラント | 02:01 AM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑