■twitter■

小野歯科クリニックtwitter
インプラント関連twitter
院長 小野兼義twitter

■CALENDAR■
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<< 前月 2017年05月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■OTHER■
■COUNTER■
TOTAL 
本日 

比較的侵襲の少ないインプラント埋入前の付加的な外科手術
比較的侵襲の少ない付加的な外科手術としては
口腔前庭拡張手術+遊離歯肉移植手術(フリー・ジンジバル・グラフト)
部分的上顎洞底挙上手術(ソケット・リフト)
歯槽骨移植(アルベオラー・ボーン・グラフト);口腔内(オトガイ部、上顎結節、下顎枝からの立ち上がりの部分、下顎隆起、上顎口蓋隆起など)から骨採取をするもの。必要に応じてチタン製のスクリューを用いて移植骨片を歯槽骨に固定する。
などがある。
必要に応じ行うことにより、インプラント治療の成績を向上させ、特に上顎前歯部における骨吸収が多い症例に対しては良好な審美性を提供することが出来る。
これらの比較的侵襲の少ない付加的な外科手術はODCで通院下の通常の小手術として行っている。




| インプラント | 01:51 AM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑