■twitter■

小野歯科クリニックtwitter
インプラント関連twitter
院長 小野兼義twitter

■CALENDAR■
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<< 前月 2017年08月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■OTHER■
■COUNTER■
TOTAL 
本日 

ポルトガル、Dr.MaloのAll-On-4コースに参加決定です。
わざわざNobelBiocareJapan森山さんが新潟に来てくれました。
これも何かの縁かと思いました。
私のインプラント治療に対するモチベーションもとても高まっています。
All-On-4は確かに非常に高度な技術、能力、サイナス・リフトなどを含めた臨床経験が要求されます。
日本でもまだごくわずかなケースしか行われていないこともわかりました。
この新しい概念の手術方法、Flaplessで腫れない、痛みがない。
コンピュータ・ベースの治療で手術時間が極めて短く行われる、これも晴れ、痛みが極小になることを意味する。
のみならず即時加重、つまりさっきまで総義歯を装着されていた患者様がBone Anchored Full Bridgeを装着され、審美的にも機能的にも十分満足される。
素晴らしいことだと思います。
この素晴らしい概念の治療法を真に正しく実践していくため、本法の開発者であるポルトガルのDr.Maloの講演会が先日東京で行われまして受講させていただきましたが、これにとどまらず彼のところに直接ケースをコンピュータに入れて持って行きディスカッションしてくることにしました。
9月14日から6日間、彼のコースに出席し、ライヴ・オペ等も交えて十分に臨床経験をつんでからODCでの臨床応用を行うことに方針変更しました。
WorldCup2006でもポルトガル、がんばっていますね。
なんだか肩入れしたい気分になりました。
ポルトガルはイベリア半島の西の端、スペインのさらに西にあり、アフリカの北に当たります。
首都リスボンですが、地中海式気候で夏季はほとんど雨が降らないそうです。
私はヨーロッパに行ったことがないため、なんだか今からわくわくしてきました。
森山さんが来て、このコースいいですよと言われホイホイ決めたようなところもありますが、
なんだかどうしても行かなくてはならないような気がしました。
がんばって患者様のためにしっかりと勉強してきます。


ODC1階のお花屋さん、アウルさんの店先のお花です。


ODCのビルの前です。

| インプラント | 12:59 AM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑