■twitter■

小野歯科クリニックtwitter
インプラント関連twitter
院長 小野兼義twitter

■CALENDAR■
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<< 前月 2017年06月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■OTHER■
■COUNTER■
TOTAL 
本日 

新しい概念のインプラント治療
患者様のために、
新しい概念のインプラント治療は
●CTスキャンニングを行い、コンピュータ・シミュレーション・ソフトウェアを駆使して事前に詳細に仮想埋入を行う。→これにより、手術に付きまとうリスク(神経断裂、動脈性出血等)を最小限に、また最高度の初期固定を得ることができる。ODCでは今まではマテリアライズ社製のシムプラントを用いていたが、今後はノーベル・バイオケア社製のNobel Guideを用いることとする。
●Flapless手術術式を用いることにより、手術に付きまとう侵襲(痛みや腫れ)を最小限なものとする。これはCT+シミュレーション・ソフトウェアNobel Guideを用いた仮想埋入の結果に基づいて手術を行うことにより安全・確実に手術遂行ができるようになるものである。たとえて言うなら、虫垂炎の除去手術も過去ではおなかを切って手術を行ったものであるが、近年ではおなかに鉛筆が通るくらいの小さい穴を数箇所開け、腹腔鏡下でファイバーを使い手術侵襲が少なくなるようになってきている。患者様の手術侵襲を最小限にしようとする、同じ発想のものである。
●上記のインプラント手術のためには、事前に遊離歯肉移植手術等の付着歯肉を事前に再建しておく等の口腔外科手技が必要になる場合が多い。これを通じて埋入したインプラントの寿命も最高度にすることができる。
●即時埋入を考える。歯を抜歯する必要がある場合は、状況に応じてであるが即時埋入、つまりすぐにインプラントを埋入する。もしくは状況に応じて歯槽骨が吸収してしまう前の早期の段階でインプラントの埋入を行う。
●インプラントを埋入したら、即時加重、かけられるようであればかける。これにより、インプラントを埋入した日に歯をつけることができる。歯がないところに、即日で歯をつけることができる。
●無歯顎:歯が1本もない状況に陥ってしまった患者様に関してはAll-on-4の手術術式を考える。これにより、以前の術式と比較して最小の費用負担で患者様にボーン・アンカード・フルブリッジ、つまりまったく粘膜の支持を期待しなくとも、外れない・しっかり噛める補綴物が装着できるようになる。
四葉素晴らしい時代が、もはや幕を開け始めました。
月曜日、3名の患者様にAll-on-4の手術についてカウンセリングをさせていただきました。
その中の1人の患者様は神奈川県から通っていただいている方です。
今までの術式であれば、侵襲が多く、遠方からの患者様に関してはしっかりとした紹介元の先生と一緒でなければなかなか困難であるかと思っておりましたが、今後はそのような方の治療も可能になっていくと考えます。
All-on-4の創始者であるDr Maloのクリニカ・マロ(ポルトガル、リスボン)には世界中から治療に訪れる患者様が多くいらっしゃることも分かりました。今回Dr Maloにお会いさせていただいた成果です。
私も早くそのようになりたいと強く考えています。
場合によるとシステムを効率よく立ち上げるためにもクリニカ・マロに見学、勉強しに行かなくてはと考えています。

| インプラント | 12:18 AM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑