■twitter■

小野歯科クリニックtwitter
インプラント関連twitter
院長 小野兼義twitter

■CALENDAR■
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<< 前月 2017年04月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■OTHER■
■COUNTER■
TOTAL 
本日 
 

筋肉があなたを救う
>NHKサイエンスゼロより
筋肉を強化することが癌や糖尿病の予防につながる。
筋力トレーニング研究(55歳以上の中高年)
有酸素運動、筋トレが体に良い。
筋トレ→アイソメトリック・トレーニング
効果:坂道楽に登れる、バランスがよくなり雪道でも転ばない
1年のトレーニングで20%筋力アップする。
筋肉→加齢により通常減少する。
筋力アップにより足への血流増加→糖尿病の予防になる。

筋力アップによる効果:骨粗しょう症・尿失禁・心筋梗塞・うっ血性心不全・狭心症・糖尿病・変形性関節症のみならず最近癌患者に効果があることが分かり始めている。(運動療法を開始するにはかかりつ医に相談してください。)

糖尿病を薬に頼らずに筋力アップで治療する。
糖尿病:血液中の糖分を細胞が取り込めずに起こる。
健康な人ではインスリンが筋肉細胞中のGLUT4(グルコース トランスポーター:糖を運搬するもの)に血液中に糖があることを伝え、GLUT4を介在し糖を筋肉細胞中に取り込む。
糖尿病患者ではインスリンからの情報がGLUT4に伝わりにくく筋肉細胞中に糖を取り込みにくい状態にある。糖は血液中にあふれた状態になる。
毎週2回の2万歩運動で糖尿病患者MさんはHbA1cが9.4%から2ヵ月後には5.8%に減少した。(正常値6%以下)
運動によりGLUT4が筋肉表面にやってくる(インスリンがなくとも)ことが分かった。糖の取り込みがインスリンが効かない状態(糖尿病)でも運動させることにより68%増加することが分かった。
糖尿病患者ではインスリンからの情報がGLUT4に届かない→血中の糖濃度が上昇する、しかし運動によりGLUT4が筋肉細胞表面に移動してきて糖を取り込める状態になることが実験的に実証された。:筋肉運動で糖尿病が克服できるメカニズム。(東北大学神崎助教授)
糖の取り込み量(筋肉):健康な人5mg/kg・min、糖尿病患者2.5mg/kg・min:糖尿病の方は筋肉での糖消費のみが健康人と異なる。脳、内臓での糖使用量は健康な人と糖尿病患者の間に差はない。筋肉を運動することにより糖代謝しやすい健常な状態に持っていく。
食事療法なくしては運動療法の効果は出てこない。食事療法だけでも効果は出てこない。運動療法をやらないと、筋肉が落ちてしまい、かえって体力がなくなり血糖が上がることさえある。

癌と筋肉の関係。
癌悪液質で筋肉が減っていく。
癌悪液質でジストロフィン(筋肉細胞に含まれるたんぱく質)に異常が見られる。(2005年11月の研究結果より)
癌患者の中にはジストロフィンが見つからない人がいる。
癌患者でジストロフィンが失われることが研究により分かった。
癌患者の生存率(800日間の研究)、ジストロフィンあり:100%生存(800日)、ジストロフィンなし50%生存(400日)35%生存(800日)
癌細胞は筋肉のジストロフィンを攻撃する。
遺伝的にジストロフィンをもたない疾患;筋ジストロフィー
“筋ジストロフィーと癌悪液質で同じメカニズムが働いていることに驚いた”(国立精神・神経センターの武田部長:筋ジストロフィーの著名な研究者)
ジストロフィンは筋肉の細胞膜が変形しないよう支える働きをしている。ジストロフィンがないと細胞膜が変形し、細胞の破壊につながる。
ジストロフィンがないネズミに遺伝子治療を行うとジストロフィンができるようになる。このようなジストロフィーの治療、ジストロフィンを補う治療ががん患者に役立つかもしれない。
癌患者の20%は悪液質により亡くなっている。これらの悪液質の治療法が確立すれば効果があることが期待されている。
海外では、癌患者に対して悪液質予防ということで積極的に筋肉トレーニングを取り入れる施設が増えてきている。

中高年筋トレに潜む危険
筋サテライト細胞→筋肉に損傷が生じると損傷部に集まり、修復する。
中高齢者にはこの筋サテライト細胞が少なくなってくる。→損傷を十分に修復できず筋肉が細くなる。
中高齢者は急激な筋トレを行うのでなく注意深く行う。あとでどっと疲れるようなことはよくない。
安全で効果的な筋トレは?
現在の筋力を測定し、30分自転車こぎ等負担がかからないもので行い、心拍も110を超えないようにする。階段を上るような筋トレも良い。体への負担を減らし、長く続ける。
ある患者Sさんの場合、1年で脚力65%→84%、糖尿病の検査値(HbA1c)7.9%→6.1%と良好になった。
まずは楽な運動、ややきつい運動から始め、体力ができてからきつい運動とする。
初めからきつい運動だと長続きしない、体を壊す結果となる。
運動前には必ずかかりつけ医の指示を受けるようにしてください。

運動をする際の脈拍の目安:脈拍数=(220-年齢)×0.7(個人差はあります;会話ができるくらいの強度の運動が良い)


波ひとつない日本海、新潟市寄居浜早朝


同じく早朝日本海、護国神社辺りから浜浦町、弥彦方向を望んで;リフレッシュされます。
実はCarrelという新潟の情報誌の取材をお受けいたしまして、資料整理して徹夜明けで愛犬マリアン君と散歩したときの先週の画像です。疲れも癒されます。


徹夜明けの万代はドピーカンに晴れて私を迎えてくれました。


ODCのビルの1Fにあるお花屋さんの店頭に並ぶフラワー・アレンジメント:春も近いですね、もう雪が降る気がしません。

これらの画像は全て携帯電話のカメラで撮影したものです。handheld、歩行中静止せずに撮影。携帯のため詳細全く不明。

| 隣接医学 | 12:30 AM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑