■twitter■

小野歯科クリニックtwitter
インプラント関連twitter
院長 小野兼義twitter

■CALENDAR■
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<< 前月 2017年09月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■OTHER■
■COUNTER■
TOTAL 
本日 

インプラント講習会感想:Dr長谷川
本日は小野先生の人脈とはからいでアストラテックインプラントの講習会に出席させて頂きました。
事前に講習会ではインプラントの熱対策など一度聴いておけば全て自分で出来るようになる説明がされるものであると小野先生から聞いていたのですが、午前はこのインプラントシステムの特徴などコンセプトの説明だけであり、午後の症例の説明もインプラントの症例というより補綴の症例説明がメインだったので期待はずれであった。
しかし、このような講習会に初めて出ることができ、講習会の雰囲気を体験でき、また次に講習会に行くときのひとつの物差しにすることができるので意義のあるものであったと思う。
講習会のアンケートにも書いたことですが、フィクスチャー4.5mmおよび5.0mm用の頸部径に埋入窩を形成するためのコニカルドリルであるが、ドリリングの方向が分かりにくく、それまでのドリリングの方向とずれてしまいはしないのか心配であった。


 

 

四葉院長小野兼義のコメント 今回のコースを新潟に設定することに尽力されたのは大学、大学院時代の同期の高橋先生、講師の三枝先生はその高橋先生の大学院の直属の後輩のDrであり、両名ともODCの非常勤で勤務いただいたDrです。内容的に、時間の関係もあったかと思いますがインプラント治療を行ったことのないDrには、ちょっと不足があったかな?でもこの機会をひとつの踏み台にして、さらに勉強していきましょう。医療担当者は一生勉強です。またそれを楽しむように育って欲しいと思います。休日の講演会、お疲れ様でした。
今回のコースを受けたサーティフィケイト;認定証、先生にとっては初めてのものになりますね。大切にしていってください。

| インプラント | 09:08 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑