■twitter■

小野歯科クリニックtwitter
インプラント関連twitter
院長 小野兼義twitter

■CALENDAR■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<< 前月 2017年10月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■OTHER■
■COUNTER■
TOTAL 
本日 

インプラント講習会感想:Dr小坂
インプラント治療によって得られるものは何があるでしょうか?もちろん失った歯牙の審美的、機能的な回復です。そして歯牙を失うことによって2次的に起こる支持組織の崩壊を阻止し、保存すること。これがとても大きな利点であるということを今回の講習でより強く感じました。これはブリッジや入れ歯では得られないものです。またその予知性も非常に高いと思われます。前歯部においては特に審美性の面で大切な事です。
インプラント自体術式は非常にシステム化されており、診査・診断がきちんとされ口腔内の状態が安定していればほぼ100%に近い値で機械的結合が得られます。
現在日本の歯科医療も過渡期に来ていると思います。保険診療に頼り悪いところは削ってつめる。抜いて入れ歯を入れるという時代は終わりに来ています。
口腔内全体をコントロールし、自信を持ってベストな診療を提案できる歯科医師を目指す為にインプラント治療は現在その核になるものであると実感しました。


  

| インプラント | 01:30 AM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑