■twitter■

小野歯科クリニックtwitter
インプラント関連twitter
院長 小野兼義twitter

■CALENDAR■
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<< 前月 2017年04月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■OTHER■
■COUNTER■
TOTAL 
本日 

インプラント講習会感想:Dr小林
Astra Tech Implants
先日、Astra Tech ImplantsのCertificate Courseに参加し、
小野歯科で導入されていますブローネマルクシステムとの違いを勉強して参りました。
       ブローネマルク   Astra Tech 
表面性状     Tiunite        Tioblast
連結位置   歯槽骨辺縁      歯槽骨辺縁
連結構造   外側性フラット    内側性円錐

Astra Tech の特徴は、
①、フィクスチャ―表面性状が、酸化チタン粒子のブラストによる、タイオブラスト、ラフサーフェスにより、強い機械的かん合をもたらす
②、生体力学的な応力配分のためのマイクロスレッド形態により、骨吸収防止

このコース受講により、何気なく日常臨床で行われている自院でのシステムと、
他社システムとの比較ができ、大変勉強になりました。
また、たくさんのシステムがある中で、よく比較検討し、各システムの特徴を理解した上で導入していく楽しみが増え、大変有意義な一日でした。
今後の臨床に繋げて行きたいと思います。

  

四葉小林Dr、勝沼Drは、Nobel Biocare社製Nobel Directに次いでこれが2回目のインプラント実習、サーティフィケイト・コースとなります。是非明日の臨床につなげていきましょう。院長小野兼義のコメントとしては、しっかりとした基礎研究があること、アバットメント等、補綴処置に対してのオプションが十分にあることがインプラントの種類選択の重要なポイントと考えています。
やはり、ブローネマルク・インプラント、ノーベル・ダイレクトが現時点でのベストなチョイスであると思います。

| インプラント | 12:40 AM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑