■twitter■

小野歯科クリニックtwitter
インプラント関連twitter
院長 小野兼義twitter

■CALENDAR■
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<< 前月 2017年06月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■OTHER■
■COUNTER■
TOTAL 
本日 

インプラント埋入診断用CT画像読影ソフト:シムプラント講演会に出席して;Dr.小林
この日曜日にシムプラントの講演会がありました。
日本には横河マテリアライズ社が代理店で導入されています。
CTのデータ(ダイコム・データ)を変換し、コンピュータ上でどのポイントでもいろんな方向から任意に断面を見ることが出来るのみならず、
CT3D画像も構築でき、手術の事前に画像上で詳細な手術計画を立てることが可能になります。
さらに、そのインプラントを埋入したCTデータをインターネット経由で千葉の横河マテリアライズ社に電送し、
細かい点を打ち合わせした後、
ベルギーのラボにインターネット経由で電送します。
そのデータからインプラント埋入手術の際に用いるサージガイドという手術用ステントを製作します。
航空便で日本に空輸され、税関を通ってODCに納品されます。
このサージガイドを用いることにより、事前に詳細に手術計画したとおりにインプラントの手術が実行されます。
このサージガイドですが、昨年末より横河マテリアライズ社経由で発注することが出来るようになりました。
早速ODCではフルマウスのインプラント症例に対して発注をかけ、今まさにサージガイドを製作している最中です。
今現在、日本国内の発注No.5、6ということでODCの患者様のサージガイドが製作されつつあります。
最先端の治療器具を他に先駆けて導入させていただいております。

このシムプラントの講習会(今回はサージガイドのサーティフィケイト・コースではありません)が新潟市で行われ、ODCからは常勤歯科医師のDr.小林が出席してきました。
群馬県高崎市からは親友のひろかみ歯科医院院長、広神先生も前日から新潟入りして出席されました。

Dr.小林から講演会に出席されたコメントをいただきましたので以下に報告させていただきます。

シムプラント講習会受講にて
今回の受講は非常に勉強になりました。
不測の事態を回避できるという、インプラントのリスクをノーリスクにできるシステムを学んでまいりました。
下顎の、大きな血管神経の管までの距離や、骨質を精密に分析することにより、
安全で且つ、リスクを心配するがための消極的治療にならずに、有効にインプラント埋入可能というシステムです。
この、分析システム使用のOPEにより、
患者様にも、術者にとっても非常に安心してゆとりを持てるインプラント埋入ができることを学びました。
この先進的システムが、小野歯科の治療に導入されているので、
患者様に自信をもってインプラント治療をお勧めできると改めて実感できる講習会でありました。


小林先生、休日中の講演会でありましたが、しっかり勉強されてきました。
お疲れ様でした。にこっ

| インプラント | 06:26 AM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑