■twitter■

小野歯科クリニックtwitter
インプラント関連twitter
院長 小野兼義twitter

■CALENDAR■
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<< 前月 2017年04月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■OTHER■
■COUNTER■
TOTAL 
本日 

年のせいにしていませんか?③血圧が高くなってきた
>NHKきょうの健康から

高齢者も血圧が高いとよくない、しかし、急激に血圧を下げると、脳・心・腎などに障害を起こす可能性があるので、ゆっくりと下げるようにする。

加齢に伴い、血管の弾力性がなくなり、収縮期血圧が上がる。
高齢者では拡張期血圧は下がる傾向がある。

生活習慣でも血圧が上がる。
塩分、動物性脂肪の摂取、運動不足など。

家庭での血圧の測り方
●1日2回、朝と夜に測る
朝:起床後1時間以内、排尿後・朝食前・服薬前
夜:寝る前、入浴直後はさける
●血圧が安定するまで測る

高血圧と認知症
認知症を発症したグループと発症しなかったグループとでは明らかに発症以前の血圧が高い。
これはアルツハイマー型の認知症の場合も同じ傾向があった。

高血圧の治療法
●生活習慣の改善
食事○減塩、アルコール制限
   ○適正体重の維持
運動
禁煙
●薬物治療
ゆっくりと血圧を下げる

高齢者の薬物治療の主な薬
●カルシウム拮抗薬
●ACE阻害薬
●アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬
※合併症のあるないにより投薬のチョイスが変わるので専門医に相談。




| 隣接医学 | 11:16 AM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑