■twitter■

小野歯科クリニックtwitter
インプラント関連twitter
院長 小野兼義twitter

■CALENDAR■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<< 前月 2017年11月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■OTHER■
■COUNTER■
TOTAL 
本日 

いつまでも若々しくアンチエイジング④運動で老化を遅らせる
>NHKきょうの健康より

酸・筋・柔で若返り

老化を遅らせる運動の基本
●有酸素運動
●筋力トレーニング
●柔軟体操

有酸素運動
●ジョギング
●自転車こぎ
●エアロビクス
●水泳
など(ウオーキングも)
※関節の弱い人は自転車こぎ、水泳などが負担がかからなくてよい。
※過激な運動では活性酸素が発生するので、適度な運動のほうがよい。
※抗酸化物質を摂りながら運動するとよい。

有酸素運動の効果
●持久力系の筋肉が鍛えられる
●脂肪を燃焼する→肥満対策
●心肺機能がアップする
●ストレスコントロールに役立つ

筋肉トレーニング
●ウエイトトレーニング
●スクワット
●腹筋
●背筋
など
四葉うわあ、やっぱりこんな本格的なことをしなくてはならないのですよ!ご同輩ぎょ

筋力トレーニングの効果
●瞬発力系の筋肉が鍛えられる
●体脂肪やコレステロールが減少する
●成長ホルモンの分泌を高める←成長ホルモンが少なくなると、やる気が無くなったり、生き生きしなくなってくる。老化すると成長ホルモンの分泌量が減るので筋トレをして成長ホルモンの分泌を促す
四葉うーん、なるほど。

柔軟体操
筋肉は縮むが、自分で伸びない→硬くなってしまう。
ストレッチをして無理やり伸ばす必要がある。
運動前後にやるといい。

柔軟体操の効果
●怪我を予防する
●腰痛や肩こりを緩和する
●関節の稼動域を広げる
●ストレスを軽減する
四葉数年前にボクシングジムに通っていたことがあるのですが、まったく上記のとおりに教わっていました。
ストレッチ、重要ですね。

運動メニュー
①柔軟体操(10分)
②ウオーキングなど(30分)
③筋力トレーニング(10分)
④柔軟体操(10分)
四葉うわあ、こりゃ大変ですな。
20分の緩やかな運動する時間を捻出するのでも大変なのに!
でも、自分の健康のことを考えると、まあ60分とはいわずにも、何とか生活の中に運動を定着させなくてはなりませんね。
さて私の秘密のトレーニング方をご披露させていただきます。
今、両足にあわせて5kgrの重り(ナイキのジョギング用の専用の重りです)をつけて1日中仕事しているんです。
最近不真面目で計測しておりませんが、約6000歩強歩いています。
本当は通勤片道約2kmを歩けば問題は解決するのですが、
重いノートパソコン入れたかばんを持って、この寒風吹き付ける新潟を歩いて通勤する気になりません。
もっといい方法を考え、実践しなくては。

運動のポイント
●息がはずむ程度に
●体調に合わせてマイペースで
●1日1時間を目標に
●無理せず楽しみながら長く続ける

いつからはじめるかと考えているのでなく、からはじめるとよい・・・ということです。


| 隣接医学 | 01:22 AM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑