■twitter■

小野歯科クリニックtwitter
インプラント関連twitter
院長 小野兼義twitter

■CALENDAR■
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<< 前月 2017年09月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■OTHER■
■COUNTER■
TOTAL 
本日 

いつまでも若々しくアンチエイジング③食事で老化を遅らせる
>NHKきょうの健康より

抗酸化物質を多くとる

加齢と肥満
●ホルモンの変化
●筋肉量の変化、運動量の減少
       ↓
基礎代謝量の減少
       ↓
      肥満

体重の目安
BMI;Body Mass Index 22~23
BMI=体重(kg)÷(身長(m))2

四葉残念ながら、私は29でした。もっとがんばらないと。

現代日本社会では、炭水化物、脂質、たんぱく質という3大栄養素は大体カバーされているが、
ビタミンの摂取が少ない。これを何とかしなくてはならない。

ビタミンの特徴
●体の機能を調整する
●13種類
●ビタミンD以外体内でつくることができない
●老化を予防する(抗酸化ビタミン)

抗酸化ビタミン
ビタミンC
ビタミンE

ビタミンC
●水溶性
●ビタミンEを助ける働き
●がん予防、しみ・しわを抑える働き
レモン、トマト、ピーマン

ビタミンE
●脂溶性
●ビタミンCと併用するといっそうの効果
●動脈硬化などを予防
ほうれん草、かぼちゃ、サラダ油、ナッツ類

抗酸化物質
ビタミンC
ビタミンE
カロテン
リコペン
ポリフェノール
その他

サプリメント
●こんな人に
糖尿病の人、偏食しがちな人、ダイエット中の人など

●注意点
摂取量、副作用、のみ合わせなど

| 隣接医学 | 12:42 AM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑