■twitter■

小野歯科クリニックtwitter
インプラント関連twitter
院長 小野兼義twitter

■CALENDAR■
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<< 前月 2017年09月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■OTHER■
■COUNTER■
TOTAL 
本日 

いつまでも若々しくアンチエイジング①年をとるということ
>NHK今日の健康より
アンチエイジング=抗加齢

老化防止は生活習慣から

人間の寿命
120歳以上(遺伝子の構造から推測)
下
でも現実は・・・
♀85.59歳
♂78.64歳(日本人の平均寿命)

老化とは
体力低下
免疫力低下
白髪
抜け毛
しみ・しわ
その他

老化の原因
●遺伝子
●活性酸素
●免疫力
●ホルモン
●その他

遺伝子
長寿遺伝子の考え方:長生きをする遺伝子の存在
長生きの方は長寿遺伝子をたくさん持っている

活性酸素
物質を酸化させる力が強く、過剰に発生するとDNA、細胞を傷つける
紫外線・放射線・大気汚染・たばこ・アルコール・ストレス・食品添加物などで過剰に発生
※たばこはやめたそのときから動脈硬化の進展が遅れる、DNAが壊れてガンになるのが遅れるなどの効果あり。
たばこはできるだけ早くやめたほうがいいし、今からでも遅くない。
四葉ODCでもその方針で患者様にお話させていただいております。

活性酸素を防ぐには
抗酸化物質
ビタミンC(果物に多く含まれる)
ビタミンE(ナッツ類、ほうれん草、緑黄色野菜)
カロテン(にんじんなど)
リコペン(トマトなど)
ポリフェノール(緑茶カテキン、カカオ、ココア、赤ワインなど)

免疫機能のカレイによる推移
幼年期 100%
青年期 60%
壮年期 60%から後期において20%
老年期 20%から10%未満
→老年になると感染症を起こしやすくなる

免疫力を保つには
●バランスのよい食事 四葉まさにこれは重要と考えます。医食同源ですね。
●十分な睡眠 四葉はい、気をつけましょう。
●軽い運動。
●たばこは吸わない 四葉皆様、禁煙は重要です。もちろん歯周病予防、治療の観点からも重要ですね。
●アルコールは少量に 四葉はい、気をつけます。

免疫能を保つには上記の中でも食事は重要
腸内の善玉菌が重要
そのためには、食物繊維の摂取(日本食がいい)、乳酸菌を入れる(ヨーグルトなど)が必要となる。

ホルモン
DHEA←いろんなホルモンの元になるもの→これが加齢により減少する。

ホルモンの低下による症状
●筋力や運動能力の低下
●性的要求や機能の低下
●精神的・視覚的鋭さの低下;物忘れが多い、集中できない
●皮膚の柔軟性の喪失
●骨祖しょう症の発祥
など

ではどうすればよいのか
上記にあるように
●運動をする
●規則正しい生活をする
●活性酸素が出るとホルモンの産生量が減るので活性酸素が生じないように、あるいは消去するようにする。

四葉
食事、運動、禁煙が重要です。
皆様、一緒にがんばりましょうね。

| 隣接医学 | 10:03 AM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑