■twitter■

小野歯科クリニックtwitter
インプラント関連twitter
院長 小野兼義twitter

■CALENDAR■
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<< 前月 2017年09月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■OTHER■
■COUNTER■
TOTAL 
本日 

肝炎対策の最前線 ウイルス検査を受けよう
>NHK今日の健康より

自覚症状のない感染者 185万人

        B型肝炎                           C型肝炎
感染経路  血液・体液                          血液
        従来母子感染、最近大人になってからの性交渉   輸血、血液製剤からの感染
経過     慢性しにくいが、慢性化する新型も           急性肝炎から80%慢性化する
※慢性化すると肝硬変・肝癌の可能性がある
治療     インターフェロンorラミブジン                ペグインターフェロン+リバビリン

節目検診
●40、45、50・・・70歳→5歳きざみ
●通知・広報紙

節目外検診
年齢に関係なく、早く検査を受ける必要がある場合

節目外検診が必要な人
□過去に肝機能異常を指摘された
□1992年以前に輸血や大きな手術を受けた
□1994年以前にフィブリノゲン製剤を投与された
など

受診の方法
●自営業、主婦、退職した人など→市町村
●会社などに勤めている人→健康保険の組合
●保健所

ウイルスマーカー検査
C型肝炎 HCV 抗体→現在感染、または過去に感染
B型肝炎→HBs抗原:現在感染
       HBs抗体:過去に感染

C型肝炎の治療効果
がんの発生率(%)
治療あり:10年で4%
治療なし:10年で20%

四葉院長小野兼義のコメント
40歳以上の方は節目検診等を利用して検診を受けましょう。
また人間ドック等に行かれた際も、検査結果に注意を払いましょう。
万が一感染していた場合は、しっかりと治療を受けましょうね。

医療従事者Drは特に、 DHも十分血液を介した感染;医療事故には気をつけましょう。



| 隣接医学 | 12:06 AM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑