■twitter■

小野歯科クリニックtwitter
インプラント関連twitter
院長 小野兼義twitter

■CALENDAR■
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<< 前月 2017年05月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■OTHER■
■COUNTER■
TOTAL 
本日 

コレステロールで歯周病に 岡山大、動物実験で確認
曇りのち雨

>共同通信社

 コレステロールの取りすぎが歯周病の原因になることを友藤孝明、岡山大助手(予防歯科)らがラットの実験で4日までに確かめた。

 コレステロール値が高い人に歯周病が多いと分かっていたが、因果関係を実証したのは初といい、栄養指導など予防につなげたいとしている。

 友藤助手らは、標準食とコレステロールを添加した食事、歯茎に水を塗るのと歯周病を起こさせる毒素を塗る場合を組み合わせ計4通りにラットをグループ分けして比較した。

 その結果、「標準食と水」に比べ、歯と歯茎のすき間は「コレステロール食と水」は20倍に広がり、「コレステロール食と毒素」は50倍になった。「標準食と毒素」では少し広がっただけだった。

 コレステロールを大量に摂取すると、歯と歯茎のすき間に細菌が入るのを防ぐ細胞の機能が変化することが判明。細菌が入りやすくなり、症状が悪化するらしい。

 歯周病は、歯肉に炎症が起きるなどし進行すると歯が抜ける。日本人の約8割がかかり、喫煙と糖尿病が進行を早める危険因子とされる。

 友藤助手は「コレステロールの取りすぎは第3の危険因子」と指摘している。

いぬ院長小野兼義のコメントにわとり(犬が大好きで酉年の・・・ということです。)

 周知のとおり歯周病の原因因子は歯垢(プラーク;その本態は細菌)です。

 修飾する因子として噛みあわせが挙げられます。歯軋りが強かったり、一部の歯にのみ大きな荷重がかかった状態で、細菌;歯垢、プラークに汚染されていると急激な歯槽骨の吸収に至ります。この状態のことをとくに咬合性外傷といいます。
 
 全身性の疾患である糖尿病も歯周病を修飾する因子として挙げられます。糖尿病になりますと、免疫能が低下するため、感染に弱くなり歯周病が成立します。

 また、近年、喫煙習慣が歯周病を悪化させる大きな因子であることが注目されてきています。

 そこでこの論文です。コレステロール値が高いと、歯茎の粘膜の細菌に対する耐性が低くなり、感染が成立しやすくなるというわけです。価値のある研究成果と思いました。今後、それらの重要性のスケール、つまり、どの因子がどの程度大きく働くかが知りたいところです。

 さて、ここで歯周病にならないために、あるいは予防するにはどうしたらいいのか、考察していきましょう。

四葉歯科医院で今現在の歯磨き状況の評価をしてもらいながら、どこが下手で、どこが上手いのか教えてもらいながら、歯磨きの指導を受け、しっかりと歯垢を落とせるようになる。
四葉歯科医院で歯石の除去等の歯周病の初期治療を受ける。必要に応じてFOPなどの歯周病の手術を受ける。
四葉定期的に歯科医院でチェックを受ける。3~6ヶ月(症例による)が理想的。
四葉タバコは吸わないようにする。
四葉糖尿病にならないようにDIETする。境界群の方はとくに注意。糖尿病の方は専門医に診てもらう。
四葉高コレステロール血症にならないようにする。動物性脂肪の摂取を減らし(青身魚は善玉コレステロールだから別)、DIETする。専門医に診てもらう。

なかなか厳しいですな、御同輩はうー






| 歯科治療のこといろいろ | 08:27 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑