■twitter■

小野歯科クリニックtwitter
インプラント関連twitter
院長 小野兼義twitter

■CALENDAR■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<< 前月 2017年10月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■OTHER■
■COUNTER■
TOTAL 
本日 

出版物3
歯科技工別冊
The Journal of Dental Technology, Extra Issue
「クリニカル・クラスプデンチャー」
P204-p209
Part 5■その他のパーシャルデンチャー
2 インプラント
山口芳正/小野兼義 共著
2004年12月20日
医歯薬出版
コメント:こちらも歯科大学の学生教育にも用いられていくであろうものです。私のもともとの専門分野はパーシャルデンチャーです。近年、歯の欠損に対する補綴方法に、インプラントが仲間入りしました。私は、日本歯科大学新潟歯学部に勤務させていただいていたときに大学にインプラント治療を導入するようにとブローネマルク・インプラントの治療ライセンスをとらせていただきました。当時補綴学教授の旗手教授、現口腔外科学教授の又賀教授2名はスウェーデンのイエテボリまで渡航されライセンスをとられました。私は新潟県で3番目にライセンスをとらせていただきました。新潟県で一番初めのブローネマルク・インプラントの手術は、又賀先生と私とで約16年前におこないました。以来、欠損補綴の治療方法としてのインプラント治療について研修を積み、現在に至ります。この出版物では、インプラントの技工士として高名な山口芳正氏と欠損補綴の処置法としてのインプラント治療の現在の位置づけ、ならびに今後の先進的、先端医療としてのインプラントの治療、技工の方法論について長時間にわたるディスカッションの上に最新情報も含みながら紹介したものです。実はインプラント医必見!なものです。
にかっ

| 歯科治療のこといろいろ | 12:38 AM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑