■twitter■

小野歯科クリニックtwitter
インプラント関連twitter
院長 小野兼義twitter

■CALENDAR■
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<< 前月 2017年12月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■OTHER■
■COUNTER■
TOTAL 
本日 

シンプラント:セルフ・ダイアグノーシスCTイメージズ
インプラント治療におけるCTスキャンニング法の活用

インプラント埋入手術において、3Dイメージを得ながらの埋入手術は非常に有益なものがあります。
今までの長い期間の臨床経験から、ODCにおきましては日本歯科大学新潟歯学部 放射線学教室の御協力を受けながらほとんどすべての症例についてCTスキャンの画像診断の結果を参考にしてブローネマルク・インプラントの埋入手術を行ってきました。
その結果、大きなエラーなく、非常に良好な臨床結果を残してきました。

これは、日本歯科大学新潟歯学部 放射線科の安定したCT撮影技術(CT装置の優秀性も含め)の賜物と感謝しています。

また、数多い臨床結果から、1~2本の少数歯のインプラント埋入手術においては、CTがなくとも良好な条件で埋入手術は行えるであろうという結論にも至りました。

そこで今回のODC全面改装においては、CCDイメージで断層撮影ができるプロマックスシステムを導入し、自医院で即座に断層撮影ができる環境を整備しました。
このシステムは非常に優れたもので、少数歯の埋入手術においては十分な情報が得られるようになりました。

しかしながら、全顎的な埋入手術に際しては、部位の特定が困難という理由により、やはりCTのほうに軍配が上がることもわかってきました。

放射線科のCT装置はとても優れたもので、通常歯科のCTイメージはスライス幅が2mmほどなのですが、0.5mmでカットしてくださっておりました。これはそれだけ詳細な変化がわかるということで、必要十二分な能力があるものです。
新潟市周辺でインプラント埋入手術を行われるDrは、是非日本歯科大学にCT検査の以来をされることをお勧めいたします。何はともあれ、担当の放射線かDr等が、きわめて高度にトレーニングされていると思います。

私の場合、放射線科との十分な事前ディスカッションにより、ほとんど完璧なCTイメージの構築がなされ、報告を受けておりましたが、このたびシンプラントというCTイメージ・セルフ・ダイアグノーシス・システムにより、よりマイ・マインド・オン・デマンドな解析の可能性が出てきました。

そこでこのたび、同大学放射線科CTイメージのデータを、横河ヒューレット・パッカード本社(千葉)に送り、データ解析を行い、ODCでデータ解析をすることにしました。

いい結果が出たら、そのデータをインターネット経由でフィンランドの研究室に送り、3Dステントの製作を行い、埋入の役にたたせようと思います。
このステントは、レジン(樹脂)にレーザー・ビームをあて、硬化させ、骨あるいは粘膜に対してぴったりとフィットするステントを作るという非常に画期的なものです。

医学の最先端は大変進歩しており、それをODCの日常臨床に取り入れることができることに対して非常に感激、感謝しておりまして、チャレンジングなことと考えております。

いろんな形で最新最良なことを患者様、医療関係者の方々に広められるようにがんばっていこうと思います。

また、そういったことを末永くやっていくためにも健康管理、維持、増進は重要課題です。
歯科という狭小な観点のみならず、広く医学全般の知識を含めて対応していきたいと常々考えているゆえんであります。

| 歯科治療のこといろいろ | 05:25 AM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑