■twitter■

小野歯科クリニックtwitter
インプラント関連twitter
院長 小野兼義twitter

■CALENDAR■
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<< 前月 2017年05月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■OTHER■
■COUNTER■
TOTAL 
本日 

夏の脳梗塞①水分不足にご用心
曇りのち雨晴れのち曇り

>NHKきょうの健康

脳梗塞:夏にも多いものがある。脱水に絡んで起こる。

脳の病気:脳卒中には脳梗塞;血管が詰まるものと、脳出血・くも膜下出血;血管が破裂するものがある。以前は脳卒中のうちで血管が破裂する方が多かったが、近年では脳卒中で亡くなられる方の6割が脳梗塞。

脳梗塞のタイプ
①ラクナ梗塞;高血圧・糖尿病で動脈硬化がおき、血管の細いところでき、そこが詰まる。細い血管で梗塞部も小さいため、比較的軽症のことが多い。
②アテローム血栓性脳梗塞高血圧の人、糖尿病の人、コレステロールの高い人、タバコを吸う人で起こる。血管の壁にアテロームという脂肪の塊がつく。ラクナ梗塞より太い血管でおきるため、症状はラクナ梗塞より重い。
③心原性脳塞栓症心臓の病気を持っている方、心房細動←不整脈のひとつ。心臓内でおきたフィブリン主体の血栓が脳まで流れてきて詰まる。重症になるケースも少なくない。

上記①、②は動脈硬化が関与しており、夏に多い。③は冬に多い。
夜間の脳梗塞は夏季に多い。←暑い、汗をかく、血液どろどろになる、脱水すると血圧下がる、よって夏に脳梗塞が増える。
対策:①こまめに水分をとる。②夜の大量飲酒を控える。ビール←アルコールに利尿作用あり飲んだもの以上の水分排泄される。③就寝前にコップ1杯の水を飲むと良い。④冷房は適温を保つ。冷やしすぎで体調崩してはだめ。
尿の色が濃い場合は、水分が足りない可能性あり。

脳梗塞の症状
・ 体の半分に力がはいらない、動かせない。
・ 体の半分の感覚が鈍くなる、しびれる。
・ ろれつが回らない、言葉が出てこない。
・ 片方の目が見えない。
・ 視野が半分欠ける。
・ 足元がふらつく。
・ めまい。
たとえ上記症状が治ったとしても、一過性の脳梗塞の可能性があるため、医療機関に受診する。病院

院長小野兼義のコメント
★まず動脈硬化の予防をする。これは高血圧により起こるため、血圧を下げる。塩分を控えるダッシュまずはここからはじめよう。あとは減量。やせると血圧も下がります。ぶた皆さんも私と一緒にがんばりましょう。140/90mmHg以上の方は迷わず専門医に診ていただいてください。病院
★糖尿病にならないようにする。なりそうな方は減量する。なっている方はぜひ治療する。
★高脂血症の方、食べ物改善すると、すぐに落ちますよ。私の場合、3wで正常値でした。その前のデータがないのでなんともいえませんが、確実に中性脂肪等正常値を超えていました。これもひどい場合はアテローム血栓できるようになるので、またいい薬もあるようなので迷わず専門医に相談。
★タバコを吸う方、今すぐやめませんか?ロンドンでテロが起こりました。ブレア首相が言っていました。生命に対する冒涜だと。まさにその通と思います。タバコを吸っていらっしゃる方、もう一度申し上げます。今すぐやめませんか?あなたの生命に対しての冒涜になります。ただ、知識がなかったのですよね。また、このブログで、ODCの診療室でお話させていただきます。いやなやつだと思わないでくださいね。あなたの健康、生命に熱心なだけなのですから。ODCでは、禁煙パッチを用いた禁煙指導もさせていただいております。苦痛なくやめられますよ。がんばってくださいね。パンチ
★生意気なことをかいていますが、私は健康を歯科医学という切り口でプロデュースしていきたいのです。そのために、できるだけ多くの患者さんに、歯科医学という科学的エビデンス(証拠)に基づいた治療を行っていきたいと考えており、いろんな患者様に来ていただけるようにAM10~PM8まで診療しています。何やらかんやらで、昼休みもあまりなく、9:30過ぎまで解放されません。で、なかなか病院行く時間ないのです。心して健康管理きちっとしていかなくてはと思っております。
どんなことに気をつけて、健康を維持、増進していくかをメモ的にまとめます。参考になることを祈って。オッケー
★私は幸せなやつだと思います。好きなことを職業にして、前向きにいられる。幸い今まで病気知らず。病院にいく時間はあまり取れないが、親友の内科医、皮膚科医等、いろんな情報リソースに事欠かない。一緒にお酒飲みながらビール音楽聴きながら音符新しい情報をディスカッションできる。嬉しかったのは、僕の血圧下げてくれようとしている内科医S先生に、小野兼義式ダイエットのこと話したら、今度是非ゆっくり聞かせてくれとの事。任せてください。みんなで一緒に健康になりましょう。グー

| 隣接医学 | 05:02 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑