■twitter■

小野歯科クリニックtwitter
インプラント関連twitter
院長 小野兼義twitter

■CALENDAR■
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<< 前月 2018年12月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■OTHER■
■COUNTER■
TOTAL 
本日 
 

ODC朝の勉強会
ODCでは毎週土曜日の朝に勉強会を行っています。
開業以来17年にわたり継続しております。
以前はDr勉強会は毎週3回行っておりましたが、今は各Drの自主勉強を推奨しております。
土曜の勉強会はずっと欠かさずにやっています。
継続は力なりです。
今回は補綴学(失った歯を創りあげる治療法です)について勉強会を行いました。
今回のターゲットは局部床義歯の修理、ティッシュー・コンディショナーについて勉強しました。


勉強会の様子です。


新潟大学歯学部で補綴学を専攻して臨床研修を2年間行った小林Drがリーダーとなり、院長小野兼義がアドバイザーとなりながら講義が行われました。

昨晩は遅くまでインプラントの実習、今朝は早くから補綴学の勉強会とちょっとハードでしたが、皆さんお疲れ様でした。

| 医院の紹介 | 12:43 PM | comments (x) | trackback (x) |
Nobeldirect(インプラント)Hands on training courseを開催しました
12月16日、診療終了後にNobel Biocare社阿部氏の協力を得、NobeldirectというインプラントのHands on traininng courseをODCで開催しました。
特長はフラップ・レスで手術を行うことができ、
タイユナイト表面(チタンを酸処理したラフ・サーフェスで、骨誘導能が高いものです)をもち、
粘膜貫通部もタイユナイト表面とすることによりソフト・ティシュー・インテグレーションを図ることができ、インプラント体と歯肉を強固に結合させることができるものです。
患者様への利点は、フラップ・レスのため手術侵襲が少ないので腫れや痛みがとても少なく、ケースにより縫合もなくてすみます。
タイトに埋入できれば、即日に仮の歯をつけることも可能です。
また1回法の手術術式なので、粘膜貫通部のアバットメントを装着する手術を行わなくていい、手術が1回ですむということが上げられます。
今後ODCでも臨床応用していきます。

Hands on traininngの様子です。


関Drが埋入しています。


細かいステップの確認を行います。


勝沼Drが埋入しています。


全員が詳しく調べながら実習を行います。


厳しいながらも和やかに埋入を行います。長谷川Drが埋入しています。


小林Drが埋入しています。


深度を確認しながら埋入します。

皆さん遅くまでお疲れ様でした。
ノーベル・バイオケア社の阿部さん、ありがとうございました。

| 歯科治療のこといろいろ | 11:38 AM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑