■twitter■

小野歯科クリニックtwitter
インプラント関連twitter
院長 小野兼義twitter

■CALENDAR■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<< 前月 2017年11月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■OTHER■
■COUNTER■
TOTAL 
本日 
 

乳幼児の歯ブラシ,任せっきりにしているのは危険です。
保護者の方はくれぐれも不安定なところで乳幼児に歯ブラシを任せないでください。
お祭りの綿あめを食べながら歩いていて,転んでのどに突き刺さり,残念ながら死亡されたケースもあります。
お気をつけ下さい。

乳幼児が歯磨き中に歯ブラシをくわえたまま転倒し、口を負傷する事故が相次いでいるとして、消費者庁と
国民生活センターは28日、「歯磨き中は、保護者がそばに付き添って」などと注意喚起した。

同庁などが全国13の医療機関から事故情報を集めている「医療機関ネットワーク」には、乳幼児の歯磨き
中の事故の報告が2010年から今年1月末までに49件寄せられている。歯磨きしながら歩いていて転んだり、
踏み台から落ちたりして、口の中にけがを負ったというケースで、ブラシの先端が頬やのどに突き刺さるなどして、
手術や入院を要した例もあった。年齢別では、1歳児が最も多く、23件を占めた。

同庁などが2月、0~3歳児がいる保護者1200人を対象に行ったインターネット調査では、こうした事故が
起きていることを知っていた人は約30%にとどまった。


http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130328-OYT1T00543.htm



| 小児歯科 | 04:50 PM | comments (0) | trackback (0) |
MI(minimum intervention);最近最小侵襲によるわずかしか削らない虫歯治療
小児の虫歯は進行がとても早いです。最近最小侵襲(minimum intervention)の概念に従った、とても小さな切削バーを用いて、虫歯の部分だけ除去する事ができます。大きな虫歯になる前に綺麗に治しましょうね。

| 小児歯科 | 10:07 PM | comments (0) | trackback (0) |
小児(2歳児)の虫歯治療の診療基準について
ある保護者の方からMailでご相談をいただきました。

“2才の子が虫歯になり、歯医者さんに行きました。
引っ越した関係で今回は初めての歯科医へ。
そうしたら前の先生と言うことが違うのです。
進行止めを塗り様子を見ましょうと言う先生と、削って詰めてちゃんと治療をしましょうと言う先生。
どちらが正しいのかどちらにすればいいのか迷っています。
何を判断基準にすればいいのでしょうか?”


四葉一般的に、小児の歯科治療適応期は3歳ころからと考えられます。
つまり、お話をして、歯科治療というお子さんにとっては嫌なことを頑張ってもらうわけです。このレベルにいたるのは3歳ころからと考えられるわけです。

チューリップですから、比較的小さい虫歯であれば、まずこれからさらに新しい虫歯が発生したりしないように主に歯科衛生士により歯磨きの指導をしたり、練習をしていただいたうえで、虫歯の進行を抑制する働きのあるフッ素の塗布等を行います。最近はぶどうジュース(お子様に言わせると、ファンタグレープのような味と好評です)のような味のするものもありますので比較的年齢の小さいお子様でもあまり泣いたりしないで出来るかと思います。つまり虫歯の初期では3歳になるまで削ったり、つめたりはしなくてよろしいケースが多いと思います。

花しかしながら比較的大きくなった虫歯の場合は異なります。
歯の中には歯髄とよばれる神経が入っている場所があります。深い虫歯は神経に影響を与え、とても痛がるようになりますあうっ。こうなってしまうと十分な食物摂取が出来なくなりますので速やかに処置に入らなければなりません。3歳以下の小さなお子様の場合は、お話をしても状況を理解してもらい、治療に協力していただけないことも多いですので、レストレーナーという抑制器具、小さな小児用ベッドに体が動かないようにネットをかぶせた上で治療を行うこともあります。局所麻酔を行いますので、処置中のお痛みは基本的にはありませんが、小児は恐がって泣いてしまうのでしくしくお母様は少々心が痛むかもしれません。しかし、処置は必要ですのでご理解してください。

また、さらに虫歯が進行してしまうと、歯髄(神経)に炎症が起こり夜も眠れないほどの痛みきゅーが発生してしまいます。麻酔をした上で、神経の除去、消毒が必要となります。こうなる前に治療が必要であるといえます。

また虫歯がさらに進行すると、神経が壊死してしまい一旦痛みは治まってしまいますぽっ。治ったのかと考えると大間違いで、顎の骨の中に膿がたまってしまう状態になります。顎が腫れたり、細菌が血液を介して全身に広がったりすることもありますのでとても状況的には悪くなってしまいますはうー。顎にたまった膿で永久歯(大人の歯)にも悪影響が出るようになります。必要に応じて抗生物質の内服等をしながら歯の内部から消毒を続けることになると思いますぎょーん

担当をされた先生方の意見が異なったように感じられたのは、お子様の虫歯が進行してきているのかもしれません。担当の先生に率直にご質問されるのが一番よろしいかと思います。その上でご納得いかない場合はセカンドオピニオン(他の先生の意見)をお聞きになられるのもいいかもしれません。
ご心配かと思いますが歯科医師による専門的な診査・診断が必要な状況かと思いますので是非治療を継続なさってくださいにこっ

以下は2006年9月にインプラント(All-on-4、即時機能)の研修のため訪れたポルトガル・リスボンの画像です。

テージョ川の貴婦人と讃えられるベレンの塔。川からの侵入者を見張るリスボンの砦のひとつです。1519年にマヌエルⅠ世が設計させたマヌエル様式の代表的建物です。内部には4方に向けた大砲が配備され、3階は王族の居城になっていました。 




今では塔の中には穏やかな時間が流れます。


ベレンの塔からテージョ川を眺めてみました。


| 小児歯科 | 06:06 PM | comments (0) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑